私の薄毛、困り、虎の巻の一つ、スキンヘッド

自分は、小さい間から生れつきパーマで、20代下部から30代にわたってゆっくり薄毛になり今では、皆目、意識のてっぺんだけが薄毛でほかの部分は、生れつきパーマだ。

私の引け目は、てっぺんだけが薄毛で、ニットの帽子が手放せませんでした。ただ、それも冬季だけ、夏場はやっぱ意識のことが気になり、何やら出発ができず、外出するときは、帽子持ち込みの生活を、送っていました。

そんな時も額頭にして、他の人の人気を除けながら、外出していました。肉親は「なにも、そこまで気にしなくても」と言ってましたが、本人からすると、当然気にしていました。

そんな折、家内から「きちんと、気になるのなら、いっそ、スキンヘッドとしてみたら」と言われ、現に履行それから、傍らからは、総出引かれるし、当時の家内の初対面のそばは泣いてしまうし、幼児も泣いてしまうし、長時間でした。

ただし、当人的には、一層気に入りまして、「このままですばらしいや」って、思っていた要所、言い出しっぺの家内と、別れてしまい、残りに残るのは、「スキンヘッドのこわい親父」も手当てもマシだったので続けていたら、約3年頃後にできた。

家内に「請求だからスキンヘッドやめて」と言われ、只スキンヘッドをやめて、ただの、親父になりました。けれども今は愉快を感じてある。ヒアルロン酸やプラセンタなど、普段の食事からでは摂りにくいものはサプリメントで摂る。